八女新茶発売中


       只今2016年度新茶発売中!!



    発売中

 

 





ご予約新茶のパッケージは企画でのデザインですので実際の商品のパッケージデザインは少し異なる場合がございます。予めご了承ください。  (各100g袋入)


            

 

新茶SS-30 3000円 新茶SS-20 2000円 新茶SS-15 1500円 新茶SS-12 1200円





              

 

 

 

新茶SS-10 1000円 新茶SS-8 800円 八十八夜摘み 1300円









上記掲載以外のお茶はこちらから

上記の商品パッケージは企画の段階の写真のため実際発売されるデザインは少し異なります予めご了承ください。


 


 

 

 

こんなコーナーもございます。


 

(いろんな新茶をセットでお求めやすい価格にしました。)


 (新茶をまとめてお買い得の商品です。)




                                箱入りギフトはこちらから


八女新茶 2本缶入ギフト 2500円 八女新茶 3本入ギフト 3700円


  八女新茶SS-10の2本缶詰め缶入ギフトです。
        

 


   八女新茶SS-10の3本缶詰め缶入ギフトです。
       

八女特撰新茶 2本缶入ギフト 4500円 八女特撰新茶 3本缶入ギフト 6500円


 八女新茶SS-20特撰茶缶詰め茶2本入ギフトです。
                     


   八女新茶SS-20特撰茶缶詰め茶3本入ギフトです。
           

 

 

 



 

         新茶風景(昨年画像)

サンプルサイト

       取れたての新茶(昨年画像)

サンプルサイト



八女茶とは・・・・

福岡県の八女地方で生産されるお茶です。
八女の地域は気象的に冷涼多雨の地に恵まれ、玉露やかぶせ茶、高級煎茶の生産に適し特に本玉露は緑茶の中でも最高級のお茶で、質・量とも日本一を誇っております。八女地方は玉露の産地でもありますが、また煎茶も上品でまろやかな甘味があり高級煎茶の産地でもあります。
八女茶の発祥は、応永三〇年に周端禅師が明より茶の種を持ち帰り、笠原(黒木町)にまいたのが始まりとされております。

 

八女市の位置



八女市は福岡県の下の方に位置する熊本県の県境までの場所にあります。栽培は八女市内を中心におこなわれ、周辺地域の筑後市、八女郡広川町、うきは市、朝倉市に広がります。
福岡県南部に広がる筑紫野平野は農産物の栽培上、理想的な気候風土で、とくに筑紫平野南部の 筑後川流域〜矢部川流域の八女地方は古来よりお茶の栽培が盛んです。

 

八女茶の味はコクのある上品な甘味が特徴です。

 

 




 

 
  • (2015/06/18)新茶茎茶SK-12nを更新しました
  • (2015/04/10)SK-65を更新しました
  • (2015/04/10)SK-45を更新しました
  • (2015/04/10)SK-37を更新しました
  • (2015/04/10)SK-25を更新しました
 
 
HOME 注文の仕方 お支払方法 お問い合わせ